忍者ブログ

考えてみよう

~考えても仕方がないことを考えてしまう理由を考えてみよう~

・とりあえず考えることでしか解決できないと思っている。
 まさに今の行為。
 
 以上。

結論:
 問題解決型人間の落とし穴。
 「問題解決」の視野が狭く、
 「考えないことによる問題解決」を視野に入れていない。
 日常にはそうやって解決している問題もあり(いつか絶対死ぬんやで、とか)、
 それは考えないからそもそも問題として浮上しない為視野に入らない。
 というよりその解決は考えることによる解決の視点から見れば
 「解決していない」「問題を棚上げ・後回しにしている」
 ということになり認められない。
 「解決」の意味の広さが問われる。
 そのラインは「問題をそもそも問題として認識しない」ことが「解決」と言えるかどうか、
 という部分。
 これも一端の解決として認めることができれば、考えてもキリのない問題に対し
 「考えない」という選択肢を堂々と選べる。
 「自分の中から問題を消す」という意味では、どちらの解決も同じ結果。
 バラすか、シカトするか、という違い。
 どちらがいいのか、は問題による。
 バラす(考えて解決する)とその問題はもう無くなる。しかし
 別件同種の問題は今後同様に降りかかる。
 バラすメソッドを身に付けることで同種の問題はすぐまたバラす能力は身につくが、
 それに向かないような問題もある(対人関係などの十人十色で非ロジカルな問題など)。
 一方シカトする(考えない)場合は別件であろうが同種であろうがシカトで解決するが、
 問題が消えたわけじゃないのでいつでも視界にチラつくこともあるし、
 物理的な問題はバラさないとそのまま物理的ダメージを負う。
 基本、問題というのはバラすことが多いが、バラせる問題はたいして問題とならない。
 いわゆる悩みというものは、ほとんどがバラせない問題。
 それに対し「シカトするという行為を解決手段の選択肢に加えるかどうか」で
 日々のストレスのかかり具合が変わってくる。
 バラしが得意な人ほどシカトが苦手。何でもバラす癖と、シカトを認めていないから。
 一方シカトが得意でもバラしがダメな危うい人も少なからずいる。
 というように色々バラしてみた以上、
 バラしもシカトも両方認め、問題によってふるいにかけられる(これもバラすの一種か)ようになることが
 バラしに寄っている気もするが、ひとまずの第一歩なのか。
PR

無題

渕「やんがー やんがー」
A「渕さん!ファンです!」
渕「消えろ。野次馬が。」
A「いいえファンです!取り消して下さい!」
渕「消してやんよ」
A「嫌です!アナタが消えなさい!」
渕「あんちゃん」
A「はい。」
渕「マリオカートやんか?」
A「ええ。」
渕「あんちゃん」
A「はい。」
渕「先に選びなよ」
A「では、マリオを。」
渕「オイラはノコノコだい。」
A「堅実なのですね」
渕「おいテメエ」
A「何でしょうか。」
渕「いいや。」
A「では、スタートを。」
渕「ぷ」
A「ぷ」
渕「ぷ」
A「キュイーン。」
渕「おい!」
A「スタートダッシュです。」
渕「そんなんあるんかい。」
A「私がトップです。」
渕「オイラは4位だい。」
A「私がトップ」
渕「オイラは3位だい。」
A「私がトップ」
渕「オイラは2位だい。」
A「やはり来ましたか。」
渕「どきなあんちゃん。」
A「きのこで逃げます。」
渕「無駄だよあんちゃん。」
A「まさか赤甲羅」
渕「さよならだ、あんちゃん。」
A「くっ、させません。」
渕「反対向いてぶつかろうってのね。」
A「死なばもろとも。(スカッ)うっ」
渕「そうそう当たるかい。」
A「まだワンチャンス!」
渕「逆走でハチ会おうってかい。」
A「死んでもらいます。(スカッ)うっ」
渕「そうそう当たるかい。」
A「あーもうくそが!(グイッ!)」
渕「あぁぁぁあ!!カセッAト抜いたなガキ!」
A「もう嫌です。」
渕「テメエはクズだな。」
A「もう嫌ですから。」
渕「りんりんと泣きながら」
A「お、名曲」
渕「はじけてー、飛んだけど~」
A「もっと僕は僕であ~ります」
渕「ように~」
A「一体僕たちはのっぺりとした都会の、空に~」
渕「いくつのシャボン玉を打ち上げるのだろ」
A「お~」
渕「おう。」
A「渕塾はどこですか?」
渕「おう。あるかい。そんなもん。」
A「入口から入ります」
渕「そんで出口から出ていきな」
A「はい。そして」
渕「出口から出ていきな」
A「はい。」

無題

働いているとどうしても組織の雰囲気に飲まれて過ごしておりますが、
よくよく考えてみると

「ジブン、ぜんぜんおもんないな」

という本音があまりに大前提過ぎて心の奥底の砂に埋もれて忘れてしまっている。
(働くメンバーにもよるんでしょうけど)

まいったなあ。
うん、遊ばなきゃ。

てっちゃん

マッドさん:
その人が「その人本人」を証明しようとしたときどうすればいいか。
まず「その人本人」とは何か、がハッキリしない。
だからAくんとBくんの何かを入れ替える実験をしよう。

まずAくんとBくんの腕を入れ替えよう。
Bくんの腕が付いているAくんは、AくんだろうかBくんだろうか。
いみじくも私が上で「Aくん」と簡単に言ってしまってるように、
誰もがそれを「Aくん」と思うだろう。
Aくん(B腕付)も自分を「Aだ」と言うだろう。

では話を進めよう。
AくんとBくんの見た目を全部入れ替えよう。
はたから見たらAとBは完全に入れ替わったように見える。
しかしBくんの体になったAくんは「俺はAだ」というだろうし、
言動もAくんそのものだろう。
見た目は完全にBだが、中身はAくんなので、やはりそれはAくんであるだろう。

ではお待ちかね、中身の入れ替えだ。見た目は入れ替わったままにしよう。
AくんとBくんの「記憶」を入れ替えよう。
こうなると元Aくんは「俺はBだ」と言うだろう。
Bとして生まれ育った過去があるので。
となるとやはりそれはもうBくんなのか、
それとも「BくんになったAくん」なのか。

よくワカランのでここは思い切ってAくんの見た目をBくんにし、
Bくんの記憶をAくんの記憶に全て上書きコピーしてみよう。
こうなるとAくんは無くなったことになるのか。
そして2人になったBくんは別物なのか。

ええいめんどうだから2人の記憶を消してみよう。
2人とも「ああわからない」パターンだ。
はたから見たら2人とも記憶喪失のBくんに見えるだろう。
それは見た目がそうだから。

じゃあ世の中がそういう見た目コピーとか記憶コピーとかし放題の世紀末で、
記憶喪失の人間がいた時(コピー履歴も追えない)、いったいそいつは誰になるのか。

なんかもう、誰だっていいじゃん。
それでもそいつの中で変わらないものがあるかどうか?
そいつに聞けよw
そもそも俺、カンケーねえし。 マッド

いじめ

※気のままに書いてみたらすごく嫌な感じに仕上がりました。さあ無視しましょう。


やんややんや
の「なんだよ皆、やめてくれよ」
やんややんや
の「やめてよ、取り囲まないでくれよ」
やんややんや
ド:どうして君はいつもそうなんだい
ジ:弱虫
し:いくじなし
ス:やんややんや
の「なんだよ、どうせ僕は弱虫でいくじなしだよ」
ド:ふ~。これだから君は…
の「だって仕方ないないだろう、本当に弱いんだから」
出:ふっ
し:どうかしら
の「なんなんだよう、本当に腕力が無いんだよう」
ジ:うるせえ!
の「ひいっ」
出:腕力ねえ、僕だってそんなものないよ
の「でも君は頭がいいじゃないか。僕はバカだし」
ジ:俺は馬鹿だぜ
の「でも君は力が…」
ジ:うるせえ!俺も小さい頃は腕力なんてなかっただろうが!
の「そんなこと・・」
ド:そういうことだよ
の「どういうことだよ・・」
ド:誰だって無いものはあるんだよ。僕だってほら、指が無い
の「それは君がロボットだから・・」
ド:確かにそうだけど、僕は自分がロボットだんて自覚、あんまりないよ。ネコだと思ってる。どんな動物だって指はあるのに、僕には無い。考えてみると恐ろしいことだよ。
の「そ、そんな事問題ないじゃないか。君が気にしなければいい話じゃないか・・」
ド:そういうことさ。君が気にしなければいい話さ。
の「何が言いたいんだよう!」
出:まだ分からないかい?
ジ:こいつ本当にバカだな
ス:そうだそうだ
の「・・どうせ僕なんてバカだよう」
ド:やれやれ。
の「なんだよう」
ド:いいかい。君は確かに現在、周りと比べて腕力も知能も低い。でも君をダメにしているのはそんな事じゃないんだ。君をダメにしているのは
し:あなた自身、よ。
の「ぼ・・僕のせいだっていうのかい!」
ジ:当たりめえだろう!!
の「ひいっ!で、でも僕にもっと力があったら・・」
ド:力があったら良くて、力が無いからダメだっていうのかい?それは君が勝手に決めたルールじゃないか。
の「そ、そんなことないやい!みんなだってそう言うじゃないか!そうだよ皆がそう言うから・・」
ジ:て、てめえこの期に及んで俺達のせいだって言うのか…!
出:心外だね
ス:のび太のくせに!
の「だ、だだ、、だって本当にそう言うじゃないか!」
ド:でもそれを鵜呑みにしたのは誰だい?君じゃないか。誰が何と言おうと、それを君が信じるかどうかまでは誰にも決めれない。それを決めたのは君なんだよ。
の「で、でも、、だって事実じゃないか!事実力が弱いと負けちゃうじゃないか!」
ド:そうだね。確かに力が弱いと負けちゃって、みんなから弱いと罵られるかもしれないね。で?
の「で?…って?…それが事実ってことでしょ…?」
ド:事実?事実って、何だい?
の「は?・・・え?・・・事実ってって?」
ド:その事実ってどこにあるんだい?見せてくれよ
の「な、何を言ってるんだい?君だって知ってる実際の事だろう?」
ド:実際?実際って何だい?どこにあるんだい?ここにあるのかい?
ジ:俺あ何も見えねえぜ
し:私もみえないわ
の「な、なんだい君たち!散々僕を痛めつけておいて…!」
ジ:だからそれを今すぐ出せよう!
の「ひいっ!く、くそう…こうなったら今見せてやる!ぐわ~~(ドドドド)」
ジ:お、気なすったな…
し:のびさん頑張って!
出:しっかり相手の目を見て!
ス:やんややんや
ジ:そりゃ(バキ~ン!)
の「ぐええっ!!」
ド:勝負あり!
ジ:いえーい
の「ぐぐう・・・はあはあ…。ほら見ただろ…これが’事実’さ・・・。」
ド:・・・ん?事実?事実って、何だい?
の「な…」
ジ:俺あ何も見えねえぜ
し:私もみえないわ
ス:早く出せよ!のび太のくせに!
の「な何を言って・・・」
ド:ん?ひょっとしてそれって、君の中にある過去のことかい?
ジ:なあんだ、そういうことかよ!
し:それは私たちには見えないわけだわ
出:そんなものを事実だなんて言われてもね
ス:そうだ!ズルいぞ!
の「だ、だって君たちの過去にだって・・・!」
ド:見たのかい?
の「え?」
ド:僕たちの過去、見たのかい?
の「そそれは・・・」
ド:君は見てないものを事実というのかい?
の「でもつい数秒前に皆見たじゃ・・」
ド:今は?
の「な・・」
ド:今はどうだい?何が見えるんだい?
の「い、今は・・だって・・」
ド:今君が見ているものが事実、そうじゃないのかい?
の「そ、そんなこと・・」
ド:いいかい。過去っていうのはコピーなんだ。君がかつて見たであろうものを、君が模写したものだ。当然だろう?かつてなんてもう存在しないのだから。誰かが描き写した、誰かが作ったものだ。言わずもがな、君の過去は君が作ったものなんだ。
ジ:作り物ってことだな。
出:それを真実などと・・
ス:嘘つき!
の「な・・なんだよみんな!おかしいよ!どうかしてるよう!」
ド:君の中にある事実・現実っていうのは全部、君が作ったものだ。だからそれに基づく君の不安・恐怖・喜び・希望。全部君自身が、一人で勝手に作り上げているものなんだよ。
の「・・・だから何だって言うんだ!みんな誰だってそうじゃないか!」
ド:その誰だって、も君が勝手に作ったものだ。そこには誰だって実体がない。誰もいないんだ。
ジ:勝手にオレ様を作るんじゃねえ!
ス:のび太のくせに!
ド:それが事実だっていうのなら、全部今ここに実体を出してくれよ。それさえしてくれれば皆納得するんだから。
の「そんなの無理に決まってるだろ・・!」
ド:じゃあ事実ではない、ということでいいね?
の「い、いいよ事実なんてもう・・」
ド:こっちを見てごらん。今君の前に何が見える?
の「何って皆が僕を取り囲んで・・・」
ド:そうだね。それが実体さ。今君の見えるもの、聞こえるもの、それだけが実体だろう?他になにか感じるかい?
の「ジ・・ジャイアンがいらいらしてる・・」
ジ:なんだとう!俺様は今シチューのことを想像して気分が良かったんだぞ!
ド:作ったね、のび太くん。
の「で、でもあの顔の時ジャイアンはいつも・・」
ド:いつも?あの顔の時?それは事実なのかい?
の「・・・・い、いいよもう」
ド:そうだよね。君はまた作った。だから間違えたんだ。
の「・・・・」
ド:ほんと言うと、今君が見えているもの、聞こえているもの、それも君が作っているんだけどね。まあそれはいいや。
の「?」
ド:とにかくのび太くん。君は作りすぎなんだ。
の「・・・」
ド:分かるさ。作らないと生きていけない。生きていくのに作るのは必須だ。だけどこれだけは覚えておいて欲しい。作っているのは全部君なんだと。
の「で、でも・・それは皆が・・」
ド:ほとんどのことが皆や周りによって、それに適応し生きていくために、作らされた、と言いたいんだね。それも分かるさ。ただこれを分かって欲しいんだ。君の中の事は全て、作れるのは君だけだ、ということをね。
の「ぼ、ぼくだけ・・」
ド:そうさ。君しか作れないんだ。逆にいうと、君は君の中で、何を作ってもいいんだ。周りにどれだけ強制されようとも、最終的にそれをひっくり返すことだってできるんだ。
の「ひっくり・・・返す・・」
ド:そうだよ。ひっくり返せるんだよ。君はそれができるんだよ。
の「ぼくにそんなことが・・」
ド:君にしかできない。だからこそ君は誰にも邪魔されず君の勝手に、君を作ることができるのさ。僕だってそうやって僕を作ってきたのさ。
ジ:俺も色々作ったもんだ
ス:そうだそうだ!
の「で、でも僕の作ったものなんて・・」
ド:信じられない。
の「う、うん。。」
ド:そうだね。自分の作ったものなど、何の拠り所もない。人は自分以外のものを信じる、あるいは自分以外のものを拠り所にして作ったものを信じる。論理的な人だって、自分で考えたものを信じているんじゃなく、その中に組み立てられた論理を、論理的整合性を信じているにすぎない。そしてその論理とか論理的整合性は自分以外のもの、ってわけさ。自信のある人間だって同じ。自分を信じているんじゃなく、自分の中のうまくいった実績や経験を信じているのだ。このように人は何も自分自身は信じちゃいない。他人の評価、目に見えていた実績、経験、あるいは目に見えない自分以外の何者か。そういうものでないと確かな拠り所にできないものさ。なぜだか分かるかい?
の「・・・」
ド:我々は与えられて誕生したからさ。あるいはそう感じているだけなのかもしれない。いずれにせよ我々の最初は全て、気が付けばそこにいた。自分で何かをやってここに来た、そんな実績が我々にはないのさ。何だか分からないけど与えられた。だから何かを与えられることを待つし信じるんだ。
の「じゃあぼくはどうすれば・・」
ド:簡単なことさ。今までの君は全部自分で作ってきた。全部実体のない、信じるに値しないまがい物。それさえ分かれば君はなんだって自由に作れるはずだろ?
の「で、でもそれもやっぱり信じるに値しないまがいものなんじゃ・・」
ド:そうだね。所詮作りものの中に信じるものなど無いかもしれない。でもそれでいいじゃないか?
の「え?」
ド:例えば僕らはゲームに夢中になることがある。全部作り物ってわかってるのにね。そうやって僕らは僕らを楽しめばいいのさ。まがいものとか信じるに値しないとか、分かってるけど僕らは時に、穴に棒を埋めるゲームに夢中になるだろう?
し:きゃあエッチ・・
ジ:テトリスだな
し:(かぁぁぁ)・・・。
ド:自由な君を、あるいは敢えて不自由に縛られた君を、楽しんだらいいのさ。
の「・・そ、でもそれじゃあ何を信じれば・・」
ド:それも簡単。顔をお上げ。そうして君が今目にしているもの。それだけが実体であり、今君が与えられているものなんだ。
の「い、今見えるこの・・」
ド:そうさ。この瞬間さ。後にも先にも、この瞬間なのさ。
の「瞬間・・」
ド:それ以外に何があるっていうのだい?誰がこの実体に邪魔できるっていうんだい?
ジ:それはオレ様でも無理だな
出:僕だって
Dio:私のザ・ワールドを持ってしても、変えられるのはその瞬間の状態、物質的配置だけだ。君を消滅させることは容易いが、それでもその瞬間を君に与えない、という事はできない。なぜなら私もまた、与えられた中で時を司っているにすぎないからな。
の「瞬間・・・」
ド:どうだい?少しは君の考え方が変わったかい?
の「ぼ、ぼく・・」
ジ:早くこっちに来やがれ!
出:ふっ、新たなライバル出現、ってわけか。
ス:けっ、のび太のくせに!
Dio:貴様・・・貴様その髪はなんだ!その先の尖がり・・・なぜだか無性に気に入らん・・!
ス:へ、ボクですか!?
し:さあのびさん!
ド:さあ
の「ふ・・・ふっふ」
ド:?
の「ほっほっほ」
ド:の、のび太くん?
の「嬉しいですね。私のキャラクターがそこまで完成しているとは」
ド:え?
の「(ベリベリベリ)」
全:え・・F先生!
F「ほっほ。」
ド:F先生、どうしてのび太くんの中に・・?
F「ずっと君たちを見守っていました。逝去を装い、彼の中でね。敢えて彼を何もできない、何も正しく考えられないダメ人間という設定にして。そうやって君たちの気づきを待っていたのです。」
ド:先生・・・!
F「君たちが彼を見てどのように感じ、どう対応するか、彼をどのように変え、育てていくのか。物質的援助で彼をどう救っても何の意味も無い。たとえそれがどんな不思議な力を持っていてもね」
ド:てへへ・・・
F「でも君はもうすでに気づいていた。その上で、清濁含めこの物語を楽しんでいた。そうだね?」
ド:てへ、恐縮です・・。
F「そこまで分かっているなら私から言うことは何もない。安心して向こうへ旅立てる。頼んだよ君たち。これからも彼のことをよろしく頼みます。」
ド:こ、こちらこそ!
ジ:がってんだい!
ス:が、がってんだいじゃねえだろデブ!先生だぞ!
ジ:え、スネ・・
出:ほ、本物のF先生だ・・
し:先生がいるだなんて、素敵
F「じゃあね」
ド:先生、向こうでもご達者で!
F「ほっほ、では・・」
Dio:ちょっと待て
F「ほ?」
Dio:貴様、何者だ。さっきから貴様、かなり偉い人間のようだな。しかし誰であろうとこのDio様を蔑ろにすることは認めんぞ。
F「ほっほ。君は確か」
Dio:俺の許可なく口を挟むんじゃあない!!まあよい、貴様など我がスタンドを使うまでもなく、いや、指一本触れず膝まづかせてやろう。
F「ほっほ。スタンドとは面白いものを考えなすったな。」
※「Fくん、Fくん」
F「!先生!」
※「早くこっちに来て手伝っておくれ」
F「あ、はい!直ちに」
※「こっちでも忙しくてね。水木くんも来よったし。そっちもいいけど我々の物語もこれからだよ」
F「そうですね!腕がなります!じゃあねDioくん。君もこっちに来てやってけるよう、じっくり鍛錬しておきなさい、なんせこっちはみんな横一戦ですからね。あの先生方ですらライバルになるんですからね。」
Dio:何だ?何のことだ貴様・・?
F「まあまあ、伝えておいてくれれば分かるさ。荒木くんに。」
Dio:な・・・きさ・あ、あなたは・・?
全:お幸せに~!!





の「・・・はっ、ぼ・・ぼくは・・」
ド「目が覚めたかい」
の「ドラえもん!ぼくは・・」
ド「そうさ。君は突然自我崩壊したパパのタックルを喰らって丸3日気を失っていたのさ」
の「へ?」
ド「逃げよう。ここは、この世界はもう地獄だ」
の「へ?」

おわり

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新記事

(03/12)
(12/13)
(11/16)
(10/07)
(09/19)

プロフィール

HN:
土佐
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(06/17)
(08/11)
(08/17)
(08/18)
(09/08)

P R