忍者ブログ

ヒコP

司会「では特別審査員のヒコPさんから一言」
ヒコP「ども、ヒコPです。いやあ、人間って駄目だと思いますよ。いい加減というか。都合いいし、汚いし、怠惰ですし、エロいし。私もね。頑張らないとちゃんとできる訳ないんですよ。頑張らんとキレイにも清らかにも誠実にもならんわけですよ。じゃあ頑張れよという話ですが、頑張らないと成し得ない以上、成功の裏に失敗とか、そもそも頑張れない側面も出てくるわけです。そういう奴も出てくる。始めに言っておきます、私ヒコPは、そういう何か頑張れない奴にスポットを当てております。どうも、ヒコPです。頑張れない奴、それは正直でもあります。こういうのが良い事であり、それを日々頑張って成し得る必要があるけど、ちゃんとできない。なんか、やりたくない。しんどかったり面倒だったりするから。どうしようもない理由です。しかしそれは一種の本能でもありまする。そして'どうしようもない'と言うだけに、これ以上理屈で分解・分析・改善しようが無い理由なわけです。やりたくないからやりません。はいそうですね。で終わる。だからこれは必然でもあり、放って置くと自然とそこへ行き着く、ある種最もピュアであり、真理でもあるわけです。とまあこういう側面は実は誰にでもあり、頑張りつつこういう駄目な側面も織り交ぜつつうまくこなして行くのがリアルな現実なのかもしれません。社会を生きるにはそういう器用さを求められるのかもしれない。しかし私はそういった実情や器用さ云々には関心がなく、それは別に特にどっちでもいい。私ヒコPは、あくまで人の頑張れない駄目な部位に着目し、その部位が「頑張ることをある種強要する社会や人間関係」の中で放つ独特の光にこそ関心を示すのである。ここまでよろしいでしょうか、司会の笠崎さん?」
司会「長いねん。もう大会終わったわ。たかが息止め大会に何を語ってんねん。試合中、お前の訳わからん御託がずっとバックミュージックで流れてたわ。ちゃんとせいや」
ヒコP(ピカぁぁ)「いや、そもそも息止め大会で特別審査員ってなんやねん。」
司会(ピカぁぁ)
ヒコP「しかも俺喋ったん1分程度やで、それで終了するってどんだけレベル低い大会やねん。」
司会(ピカぁぁ)「笠崎さん、って誰やねん」
ヒコP(ピカぁぁ)「『司会』、ってなんやねん」
司会(ピカぁぁ)「ヒコP、ってなんやねん」
ヒコP(ピカぁぁ)「『ヒコP、ってなんやねん』てそれ」
司会(ピカぁぁ)「もう飯行こうや。うどん食おうや」
ヒコP「どうすんねん大会、何やねんあの語り。なんやってんこの時間」
司会「もう行こうや、うどん食おうや」
ヒコP「食うよそれは。」
PR

雑記2

~前回のあらすじ~

ヤスオに光あれ!!

--------------------------------

ピカァ!!
ヤスオ「うっぐ!」
ピカァ!!
ヤスオ「おっぐ!」
ピカァ
ヤスオ「ぐふう」

ピカァ!

ヤスオ「うるさいな」
※「ピ!?」
ヤスオ「うるさいな!」
※「ピカピ?」
ヤスオ「うるさい!」
ピカアキ「あん?」
ヤスオ「いやその・・うるさいんすよ」
ピカアキ「誰がや」
ヤスオ「オマエが・・」
ピカアキ「オマエってコラお前…」
ヤスオ「…アナタが、っすよ」
ピカアキ「おい、光ったったんちゃうんかおい」
ヤスオ「は…?誰も」
ピカアキ「おお?
ちゃうんかおい、おい!
ヤスオ「いや誰もそん…」
ピカアキ「おい!!」
ヤスオ「・・・・・」
ピカアキ「お?おい」
ヤスオ「・・・・・いや」
ピカアキ「おい!!」
ヤスオ「・・・・・」

ヤスオに真の光あれ!!

次回、真光(シンピカ)降臨!

め組の大吾で五味さんが最強に映る所以

俯瞰で見れば大局とかそもそもの意味とか分かるんでしょうけど、
結局「中入ってみなよう分からん」です。
だからこんなしてゴタゴタ生きてるんでしょうかね。

机の上に直で焼きそばが乗っているとして
机から見たら汚れてるでしょうけど、
焼きそばから見ても汚れて食べたくないわけで、
清浄度でいえば焼きそばのほうが綺麗なんですね。体内に入れられるもんで。
机の目線だけではたどり着けない清浄度なわけで、、

結局「中入ってみなよう分からん」です。
だからこんなしてゴタゴタ生きてるんでしょうかね。

こじ付けんなカス。カズ、三浦カズ。シルバー。北澤。

雑記

ヤスオ「あ~。  あーー!!。。。」
ヤスオ「”食うこと”以外に楽しみは無いものか。。」
ヤスオ「食うても腹ばかり出おる。。あー!!。。」
ヤスオ「ゲーム?ノンノン暇つぶし。。読書?眠いわ。臨場感無いしな。。運動?目的は?。。ドライブ?何のために?。。絵画?ノンノン、何やっても上には上がおる。。あーーあ!!」
ヤスオ「ふぁああーー!寝よ!!」
ヤスオ「誰かと・・住むか?・・いやいやw恥ずいし窮屈やし・・。寝よ。」

ヤスオに光あれ!!

次回、光注ぐ!

(つづく)

いましめ

オナ禁ってむずかしいものですね。
家でヒマしたたりなんかしたらいつのまにかオナ、みたいなことに。
これはちょっと軌道に乗るまでの最初は理屈でねじ伏せないと勝てないぞ、と思い、
何がついついオナたらしめているのかを考えてみることに。
結果、オナたらしめてるのはもちろん性欲なんですが、
性欲を自分の中で「『アリ』と肯定しちゃってる」事が原因であると導きました。
いや、それは当たり前で健全であることなので『アリ』で良いのですが、
一定期間でも禁欲してみようという時にはその『アリ』のせいでうまくいかない。

ということで、性欲をアリではなく『変態』と定義づけることにしてみました。
これはでもある意味事実なんですね。
性欲をAVのようなエロさ全開の世界だとすれば、普段の、職場なりなんなりの現実世界からみたら『変態』なものだったりします。うん、やっぱ基本『変態』なんですね。(まあ、その変態を『アリ』としてきてたんでしょうけど)しかし仮に盗撮や痴漢のAVを『アリ』として、現実にそれをしちゃったら犯罪者に。ということで性欲を程よく『変態』と戒めるのは結構大事なことでもありますね。

ということでついつい日々オナるような過多気味な性欲は、『変態』と捉えてお灸を据えてみるのも良いのかなと思います。変態は嫌ですし。軌道に乗ればオナらないことが習慣化していくことでしょう。全くやらないのも良くないと聞きますが、そこはまあその溜めたパワーでお相手とどうにかすれば良いんと違いますのん?
全くしなくてする気が無くなったならしなくても一向に構いませんが(その方が開き直って楽しそうw)。

さあいつまでもつやら。

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
土佐
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(06/17)
(08/11)
(08/17)
(08/18)
(09/08)

P R