忍者ブログ

ガンボイ2

間 「そう。私が間です。」
若者「・・・・・・」
間 「私が、間。」
若者「・・・・・・(スタスタ)」
間 「・・・・(ぷは~~~)」

若者の歩く先に郵便バイクが

(ブロロロロ・・・ピタッ)

郵便局員「ゆ、郵便です」
若者「へ?」
郵便局員「ゆ、郵便です」
若者「僕?」
郵便局員「どうぞ」
若者「?はあ(パシ)」

(ブロロロロ・・・ツルッドガラララン!)

横転するバイク

若者「え!?」

駆け寄る若者

若者「大丈夫ですか!?」
郵便局員「ハァハァ・・い、石畳が・・」
若者「立てますか!?」
郵便局員「こ、この不規則な石畳のせいで・・」
若者「溝にハマったんですね、立てますか」
郵便局員「伝統か芸術か、知らないけど・・、この石畳が、不規則なせいで・・!」
若者「・・そうですね。こんな道、走り辛いですもんね・・・」
郵便局員「走り辛い『だけ』ですよ・・、毎日毎日こんな道をカブで通らないといけないのに・・・うぐっ!いたた」
若者「足ですか、大丈夫ですか!」
郵便局員「折れたみたいです・・」
若者「え、折れたんですか・・大丈夫ですか!」
郵便局員「分からないです、自分でも・・」
若者「立てますか!」
郵便局員「まだ・・分からないです。力を入れたら、痛いです・・」
若者「ゆっくりと立ってみては・・」
郵便局員「あ、はい・・あ、立てそうです・・あ、立てました」
若者「歩けますか・・」
郵便局員「・・・・なんとか・・歩けそうです」
若者「でも足、折れてそうですか・・?」
郵便局員「・・・いや、折れては、いなさそうです」
若者「そうですか、ひとまず良かったですね」
郵便局員「そうですね。ありがとうございます。なんとか、バイクにも乗れそうです」
若者「でもここは石畳だから、押して行った方が良いんじゃないですか・・?」
郵便局員「そうですね、でも上り坂ですし・・この石畳は延々続くので・・やっぱり乗って行きます」
若者「そうですか・・ではお気を付けて・・・。」
郵便局員「ありがとうございます。幸い、あと1通で今日のノルマは達成ですので、なんとかなりそうです」
若者「それは良かった。ではご達者で」
郵便局員「ええ。あなたも。では(ブロ・・ブロ・・ブロロロ・・ブロロロロォォォォ・・・)」

若者「驚いたなあ。・・そうか。こんな芸術チックな石畳でも、郵便局員からすれば、迷惑な話だよなあ。。でも中々いい人だったな。うん。所で、俺に郵便物って、一体何なんだろう・・・」

(続)

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新記事

(09/10)
(08/14)
(07/21)
(07/11)
(07/01)

プロフィール

HN:
土佐
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(06/17)
(08/11)
(08/17)
(08/18)
(09/08)

P R