忍者ブログ

土佐昔話

・蒸発

昔、一人の特異能力者がいた。

彼は両手の親指と中指で空間を作ると、
その中に映るものを自在に人差し指で動かすことができた。

そして彼は太陽を指で囲み、
それを人差し指で動かそうとしたが、
太陽の表面温度は約5000℃、
彼はたちまち焼き消えた。

馬鹿な男の馬鹿な話と笑うだろう。
しかし彼はそんな事は知っていた。

彼は死に場所を探していた。
正確には、彼は蒸発を望んでいた。
いずれ誰かに見つかるような蒸発ではなく、
本当に一瞬で霧となって消えてしまうような蒸発。

彼は一瞬で消えた。
望みは叶った。
彼の真意や経緯は分からない。

ただかれは望み通りに
一瞬で消えた。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新記事

(09/10)
(08/14)
(07/21)
(07/11)
(07/01)

プロフィール

HN:
土佐
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(06/17)
(08/11)
(08/17)
(08/18)
(09/08)

P R